Welcome To The Jungle

桜は散りゆく姿が最も美しいと感じる方は多いかと思いますが、
雨で散ってしまうのは興醒めだというのは僕だけでしょうか。
雨もそれ自体は趣がありますが、どうもこの取り合わせはまずいです。

それはさておき、今日も怒涛の新授業でした。
大学というのがこれほど面白いところとは思いませんでした。
未開の森に踏み込んでいくようなものです。
まあ神戸大学の場合は本当に山を切り開いて作ってますしね。

今日受けたのは外国語第II(フランス語)、微分積分、力学基礎です。
この火曜日の時間割が1週間で一番いい日かもしれません。
まだ水、木がどうかはわかりませんが、
なんせフランス語が面白すぎます。
よく言われるようなことですが、発音が相対化できて
間違いなく英語の能力アップにも繋がります。
ドイツ語と結構悩みましたが、フランス語にしといて良かったです。
まあドイツ語にしてたらしてたで同じことを言っているかもしれませんが、
発音の特徴がフランス語を選ぶ決め手でしたので、
そこが上手くはまったというのが良かったです。
本音を言うと、フランス語は唯一使うかもしれないという打算もありますが。
文化自体にはドイツの方が若干興味は強いですからね。
まあでも「使いたい」っていう方がむしろ僕の中では純粋な動機かもしれませんが。

肝心の数学は、今日の微分積分もそうですが、
まだそれほど面白い授業がないですね。
まあ全部初回なんで仕方ないですが、
新しい概念や視点がまだあまり出てきてませんし、
というか新しいことをやっても
天から降ってきたかのように事実だけ羅列されますからね。
まあ数学はどうせ自分の気になるところを
自分で追及していきますからいいですけどね。
今日もそういう箇所が見つかりましたし、それは良かったです。
計算練習の時間も取ってくれますし。

力学基礎もまあ似たような感じで、
今日は数学的準備・・・というほどでもない
ベクトルの表記法の解説なんかで終わりましたが、
なぜかとても楽しく感じましたね。
個人的に好きな感じの先生で
雰囲気が良かったのかもしれません。
確か定年だがまだ残っているって言ってましたかね、
そういう自分自身が好きでやってる感が伝わったんでしょうか。
物理の発見のプロセスとか科学としての位置づけとかも
結構話してくれました。
思えば僕が今まで新書かなんかで読んできたような話をする人が
初めて現実に現れたのかもしれません。
ともかく、この授業を受けて生物学概論は取らない決心がつきました。
教科書は買ってしまいましたが。
Date: 2017.04.11 Category: 日記 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カウンター
プロフィール

Author:kaz'
神戸大学理学部数学科の学生です。

このブログはリンクフリーで、
相互リンクも募集しています。

※コメントを書いてくださる方へ
返信が必要な場合は必ず名前を
入力してください。
名前がない場合は返信できません。

最新記事
コメント
カテゴリ
全ての記事を表示する
月別アーカイブ

ランキング
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR