2016年度 第3回全統マーク 成績

<成績>
m31.jpg

m32.jpg

<コメント>
11月27日に全統センタープレを受けますので
そのときの各科目の目標点を書いておきます。

英語筆記:185
(リスニング:46)
数学IA:85
数学IIB:85
国語:185
物理:90
化学:80
倫理政経:80
合計:790(リスニング除く)→約87.8%

ついでに本番の目標点も書いておきましょう。

英語筆記:190
(リスニング:46)
数学IA:90
数学IIB:90
国語:180
物理:90
化学:90
倫理政経:80
合計:810(リスニング除く)→約90%

2016の京大理学部の合格者センター平均点が88.8%らしいので、
後期も考慮して本番では90%ほど取っておきたいところです。
以下、センター各科目の状況について書いておきます。

・英語
第3回マークでは久しぶりにセンター形式を解いたので点は悪かったのですが、
読解はすぐ慣らせることがわかったので
本番前に予想問題を2,3セットやれば大丈夫です。
2016追試ではアクセント1ミス文法4ミスだったので文法の穴を埋めていってます。
リスニングはどうも序盤で調子が出てなかった気がするので、
本番では直前に耳を慣らしておいた方がいいかもしれませんね。
荷物になるのであんまりミュージックプレイヤーを持っていきたくありませんが…
まあ対策してない割には音自体は聴き取れたので、
どちらかというと表現を理解する速度が問題かと思われます。
リスニングは意外と1問の価値が高く(200点満点で言うと1問8点)、
1問取れるかどうかで英語総合のパーセンテージが結構変わってきますので、
ケアレスミスを含めても46点は安定させたいですね。
それ以上は2016の難易度を考慮するとなかなか難しいでしょう。

・数学
本試追試を解いていってますが、スピード・時間感覚は問題なくなってきてます。
あとはいかに計算ミスを発見・修正するかが課題です。
IAの選択問題は、よほどのイレギュラーがない限りは整数・図形を解きます。

・国語
第3回マークは問題があまり難しくなかったようですが、
それとは関係なく去年より確実にセンター形式の
処理速度・精度が上がっているという実感があります。
2016本試+αぐらいの難易度なら180切ることはまずないと思います。
2013並のセットが来ても180切らないレベルまで仕上げていきたいです。

・物理
磁場と電場を間違えるなど他の科目より
ヒューマンエラーが起こる要素が多いですが、
それをなくすだけで90は安定します。
センター形式であと8セットぐらい演習してミスのパターンを炙り出します。

・化学
2次も含め一番対策が遅れていますが、
12月は化学に大部分の時間を割けますので
飛躍的に点を伸ばすことができると思います。
物理と違ってあまりセンター形式でやる必要はなさそうなので、
標準問題を大量に解いていきます。まあ重要問題集ですかね。

・倫理政経
この科目で90点以上を狙うのは戦略的ではないでしょう。
というか狙ったとしても近年の難易度だとかなり厳しいと思います。
まだ2016追試を解いてないのでなんとも言えませんが、
本番は80点は死守してあわよくば85点、という感じです。
とりあえず倫理の知識は総チェックできたので、
今後は政経の穴を埋めていきます。
Date: 2016.11.24 Category: 受験(2016~2017) Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カウンター
プロフィール

Author:kaz'
24歳フリーターです。
2017年に京都大学理学部を受験します。

このブログはリンクフリーで、
相互リンクも募集しています。

※コメントを書いてくださる方へ
返信が必要な場合は必ず名前を
入力してください。
名前がない場合は返信できません。

最新記事
コメント
カテゴリ
全ての記事を表示する
月別アーカイブ

ランキング
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR