2017年度 京都大学入試(前期・理学部) 感想

ここ5日ほどなぜか2,3時間しか眠れないので、
ショートスリーパーに覚醒したかもしれません。
クマはくっきり出てますが。

今回は設問別の分析や答案の再現はしません。
まだ解答速報も見てないです。
(試験終了後に会場で配られていた駿台の国語と数学はパラ見しましたが)
各科目の大体の手応えだけ書きます。

国語 50~55%
数学 35~40%
英語 60~65%
理科 50~55% (物理75~80%、化学25~30%)

合計 50%前後

去年や一昨年の合格最低点で考えると合計54%弱必要ですので、
合格最低点が大幅に下がらない限りは厳しいかなというのが正直なところです。
ただ、国語と英語の採点次第ではもしかしたら…という気持ちもちょっとあります。
1日目が終わった時点で数学が確実に50パーセント切っている手応えだったので、
心が折れかけて2日目の休憩時間に一切知識の確認をせずにひたすら休んでいたら
物理大幅易化、化学激難という謎の追い風が吹きました。
とはいってもやはり、今回は
「合計であと数学1問分取れていればギリギリ合格だった」
というぐらいの点になるのが妥当な予想かと思いますので、
ないものと考えておきます。
しばらくは解答速報も見たくないです。
とりあえず後期の神戸大対策に専念します。
Date: 2017.02.28 Category: 受験(2016~2017) Comments (3) Trackbacks (0)
カウンター
プロフィール

Author:kaz'
24歳フリーターです。
2017年に京都大学理学部を受験します。

このブログはリンクフリーで、
相互リンクも募集しています。

※コメントを書いてくださる方へ
返信が必要な場合は必ず名前を
入力してください。
名前がない場合は返信できません。

最新記事
コメント
カテゴリ
全ての記事を表示する
月別アーカイブ

ランキング
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR