2017年度 神戸大学入試(後期・理学部数学科) 合格発表

合格でした。
TOEICの対策始めておいて良かったです。
一応不合格だったときに備えてメンタル整えておいたので
そのせいかなんだかあまり実感が湧きませんが、
これから忙しくなりそうです。
Date: 2017.03.21 Category: 受験(2016~2017) Comments (12) Trackbacks (0)

2017年度 神戸大学入試(後期・理学部数学科) 感想

今回はすでに解答速報を見てます。
とりあえず各科目のできは

英語80~85%
数学30~35%

というところで、試験終了直後は確実に落ちたと思ったのですが、
解答速報を見ると思った以上に英語ができていた
(確信が持てなかった記号問題がいくつかあったが、1問ミスで収まった)
ので、カバーできている可能性があります。

後期理学部数学科の合格者最低点、平均点などのデータが一切ないので、
なんとも言えないところですが、
センターの得点と合わせて考えると、2次で合計60%取れれば
合格者平均点付近と予想していました。

センターの配点は525点で、各科目の細かい配点は省きますが
自分の取っている点数は440.6点(約83.9%)です。
2次の配点は英語125点、数学150点です。
センターと2次合わせて800点満点です。
英語が80%取れていると仮定すると100点になります。
数学は30%取れていると仮定すると45点です。
これで合計すると、800点満点中で585点(約73%)です。

ここで、惑星学科の過去3年の後期の合格最低点を参考にすると、
800点満点中(科目は違うかもしれませんが)

2016 569.750
2015 542.700
2014 577.250

です。前期は3年とも数学科の方が合格者最低点の得点率が低いようなので、
後期も数学科が惑星学科の得点率を大きく上回ることはないと思いたいです。
ということで、今回の合格者最低点を580点と仮定すると、
ギリギリ受かっているかもしれません。
受験人数が少ないので、今回受けに来た人達のでき次第です。
合格発表は3月21日です。
Date: 2017.03.14 Category: 受験(2016~2017) Comments (15) Trackbacks (0)

2017年度 京都大学入試(前期・理学部) 合格発表

不合格でした。
神戸大学の後期試験を受けてきます。
感想は3月13日以降に書きます。
Date: 2017.03.10 Category: 受験(2016~2017) Comments (14) Trackbacks (0)

2017年度 京都大学入試(前期・理学部) 感想

ここ5日ほどなぜか2,3時間しか眠れないので、
ショートスリーパーに覚醒したかもしれません。
クマはくっきり出てますが。

今回は設問別の分析や答案の再現はしません。
まだ解答速報も見てないです。
(試験終了後に会場で配られていた駿台の国語と数学はパラ見しましたが)
各科目の大体の手応えだけ書きます。

国語 50~55%
数学 35~40%
英語 60~65%
理科 50~55% (物理75~80%、化学25~30%)

合計 50%前後

去年や一昨年の合格最低点で考えると合計54%弱必要ですので、
合格最低点が大幅に下がらない限りは厳しいかなというのが正直なところです。
ただ、国語と英語の採点次第ではもしかしたら…という気持ちもちょっとあります。
1日目が終わった時点で数学が確実に50パーセント切っている手応えだったので、
心が折れかけて2日目の休憩時間に一切知識の確認をせずにひたすら休んでいたら
物理大幅易化、化学激難という謎の追い風が吹きました。
とはいってもやはり、今回は
「合計であと数学1問分取れていればギリギリ合格だった」
というぐらいの点になるのが妥当な予想かと思いますので、
ないものと考えておきます。
しばらくは解答速報も見たくないです。
とりあえず後期の神戸大対策に専念します。
Date: 2017.02.28 Category: 受験(2016~2017) Comments (3) Trackbacks (0)

2017年度 センター試験 自己採点・感想

<自己採点>
倫理政経:87 (倫理:42 政経:45)
国語:164 (評論:38 小説:35 古文:50 漢文:41)
英語:189.6 (筆記:195 リスニング:42 総合:237/250)
数IA:62
数IIB:73
物理:84
化学:84

合計:743.6/900
得点率:82.62%

<感想>
京大の配点に換算すると
国語:41/50
公民:21.75/25
数学:33.75/50
理科:42/50
外国語:47.4/50

合計:185.9/225

です。合計90%取った人は202.5点になるので、
その人と比べると16.6点の差になります。
ただ今年は国語が明確に難化しているので、
京大に出願する人は85%ぐらいが一番多いんじゃないかと思います。
85%取った人とは5.35点差になります。
京大の競争レベルでの5点差は小さくないですが、
絶望的というほどではないです。逆に追い込めていいかもしれません。
せっかくなんで各科目の手応えも書きます。

・ベストパフォーマンス→倫理政経、英語(筆記)
倫理は相変わらずの鬼畜っぷりでしたがなんとか持ちこたえて、
政経で稼げたので、戦略通りで期待以上のできです。
倫政も英語もここまで来るとあと1問取りたかったですが、
プレテストから得点を伸ばした上で目標達成できたので良かったと思います。

・健闘→化学
おそらく2016が過去最難だった思いますが、
それをさらに超えてきたので平均点はかなり低いと思います。
もともと一番苦手な上にこの難易度という中で点を伸ばせたので、
追い込みが効いてきています。
ただ解き終わった直後は9割取れたと思っていたので、
ちょっと内容と関係ないミスがありました。

・可もなく不可もなく→国語
2016と比べると
評論→難化 小説→同じ~やや難化 古文→やや難化 漢文→同じ~やや難化
という感じで、全体では確実に難化でしょう。
体感では小説も漢文も難化ですけどね。
漢文は2016本試が史上最難だと思っていましたが、超えました。
全体は2013、2014に次ぐレベルでしょう。
この難易度なら相対評価では悪くないと思いますが、
僕の場合はセンター国語で稼いでおきたかったので少し痛いです。
まあ総崩れしなかっただけでも良しとしましょう。

・いまいち→リスニング、物理
リスニングもまた、ここ数年では最難だった2016を更新してきました。
これは2016の傾向をもっと意識して対策しておく必要がありました。
聴き取りに専念して直解で答えないと間に合いません。
選択肢と照らし合わせて答えを探そうとしていると
長文Aの2回目が間髪入れずに流されて失敗しました。
その代わりに選択肢の文章が短くなっているのだと思うので、
おそらくそれが作問の意図だと思います。
ただなぜかBの方は放送間隔が長かったのですが、
それは気のせいでしょうか。

物理は間違えた設問の分析をまだやってないのですが、
典型問題というか教科書的な知識そのままというような問題と、
少し考察が必要な問題で緩急がありましたね。
ただ化学に比べるとだいぶ穏やかだと思うので、
得点は同じでも相対評価で差がついていると思います。
これも終わった後は9割取れたと思ったんですけどね。

・大失敗→数学IA,数学IIB
両方とも2016本試と同程度もしくは易化なので相対評価で大差ですし、
自分基準でもIAは80、IIBは85切ったら失敗という内容なので大失敗です。
解いているときから解答欄に合わないのが多くて
大問の序盤~中盤のどこかでミスしていることがわかったので
IIBの途中でメンタル崩れそうになりました。
多分それで2、3分無駄にしました。
自分の場合、本番は処理能力が人が下がるのよりも
さらに下がるというのをしっかり認識しておく必要があります。
そうすれば少なくともメンタルは保てるはずです。
あとは図と情報をとにかく綺麗に書き込むことです。
よく見ると今回のミスのほとんどが図形の不正確さによるものです。
慎重にやったつもりですが、問題冊子を見返すとそれでも普段より汚いし
考察が抜けているので、さらにもう一段階慎重にやる必要があります。
一番苦手な自覚がある化学は今回の問題冊子を見返しても
結構しっかり書いてあるのでそれが良かったんだと思います。
Date: 2017.01.16 Category: 受験(2016~2017) Comments (12) Trackbacks (0)

2016年度 全統センター試験プレテスト 成績

<成績>
cpt1.jpg

cpt2.jpg

少し自己採点とのずれがありますね。

数学IIB -3
倫理政経 +2(政経分野)

になってます。マークの数学は採点ミスしやすいので本番も気をつけます。
Date: 2016.12.17 Category: 受験(2016~2017) Comments (6) Trackbacks (0)

2017年度 阪大即応オープン 成績

<成績>
ho.jpg

<感想>
数学は内容的には京大オープンより難しいと思ったのですが、
採点は京大オープンとは違ってなんとしても点を与えたいという感じで、
方針だけで+5~10されていて、計算ミスは-2程度でした。
実際の阪大入試の採点がどうなのかはわかりませんが、
まあ小問も多いようですし、壊滅は起こりにくそうですね。

英語はまたしても自由英作文が書けませんでしたが、
京大オープンの反省からか和訳はまあまあ無難にこなせたので、
英訳の方をより重点的に強化します。

物理は内容的には9割近く狙えたと思うので、
計算が軽かったにも関わらずミスしていたのが悔やまれます。

化学は今の自分にとって解けそうで解けない、
もしくは時間をかければ解けるという感じの
勉強するのにちょうどいい問題が多かったので、
予想以上に模試を追加した甲斐がありました。
Date: 2016.12.17 Category: 受験(2016~2017) Comments (0) Trackbacks (0)

2017年度 第2回京大即応オープン 成績

僕が未来から来たわけではなく、河合塾の時間軸がずれているんです。

<成績>
k2op2.jpg

<コメント>
・英語
手応えからしてあまり良くなかったのですが、
やはり細かい減点が多く全体的に答案の精度が悪いです。
あとIVで書く内容が決まらなくてまったく書けなかったのが痛いです。
もともと自由英作文の内容を時間内に考えるのが極端に苦手で、
今回のように内容の自由度が高いと厳しいです。
かといってこれは性格上の問題でちょっとどう対処すればよいかもわからないので、
とりあえずは和訳,英訳の精度を上げることに専念します。
京大の傾向も今後は自由英作文色が強まりそうですが、
最悪この模試と同じような出題でIVを捨てたとしても、
他の問題だけで合格ラインの点を確保することは可能になると思います。
書けるときは書けますしね。

・数学
完答したと思っていた大問2,5で計算ミスがあったので
ほぼ壊滅だとは思っていましたが、
pに4をかけ忘れただけの5番が0点で
前提となる条件を落としている4番が20点もらえるとは…
まあ計算問題は数値を合わせるのが重要ですから仕方ないですね。

戦略としては最初に手をつけた3番が解けなくて引き際を誤ったという感じです。
3は具体的なnで絞り込む方針でやっていましたが、
考察が甘く時間をかけたのに答えに至りませんでした。
もう少し全体を軽く触ってから本格的に解いた方が良かったです。
そうすれば2,5を慎重に解いて、まあ4はどちらにしろ間違えたかもしれませんが
今回20点は確保できたので、あとは6を取るというやり方で
この時点でも6割は狙えたセットでした。
6は試験中は手をつけませんでしたが、家でやると一応解けたので
現場でも3よりは優先すべきでした。

あと手をつけなかった1ですが、方針が立たなかったのですぐ捨てて、
この時点では別にその判断で良かったのですが、
平均点が一番高いのが気になりますね。
Z会京大テストゼミのときも空間図形を捨て問にしましたし、
どうも空間図形がかなり苦手なようです。ここは要強化です。
逆に3,6の整数,確率は難易度の割には平均点が低いようなので、
本番ではこの辺で差をつけるようにしたいところです。

まあ点数だけ見るとあまりにも不甲斐ないですが、
問題の解き方自体がわからないということがかなり減ってきていますので、
戦略次第で取れる点数を激変させられるということがわかったのは良かったです。
とはいえ、センターが終わるまではまだセットでなく個々の問題演習だけやります。

・国語
記述でも古文が安定しているのは嬉しい誤算です。
現代文の記述演習は今からするので、
本番の国語で5割切らないようには問題なくできると思います。
ただ、Z会テストゼミのときもそうでしたが、
思ったより受験者の平均点が高いので注意しておきます。

・理科
これは今後は化学から解いた方が良さそうです。
数学と同じように、それだけでおそらくこの時点でも
物理の点をほぼ変えず化学の点だけを伸ばすことができます。
しかし、個々の問題演習が数学よりもはるかに遅れてますので、
この科目の対策が間に合うかどうかにすべてかかっています。

<今後の予定>
最後の京大型模試の結果がこれというのはなんとも頼りないですが、
数値以上に収穫はありましたので良しとしましょう。
やらなければならないこととそれにかかる時間、
やらなくていいことはだいぶ把握できましたので、
あとは本番までにピークに持っていくだけです。

これで模試はすべて受験し終わりましたので、
成績が返却され次第ブログに載せます。
以前は受ける予定ではありませんでしたが、
京大オープンの後に阪大オープンも受けましたので、その結果もあります。
阪大オープンの感想は書くかどうかわかりません。
センタープレの感想は前回の記事に書いたのでもう書きません。
残りの成績の発送予定日は

・阪大即応オープン (12月14日~)
・全統センター試験プレテスト (12月15日~)

です。その次の記事はセンターの自己採点になると思いますが、
これも多分感想はあまり書かないので、
次の本格的な更新は2次の試験後か合格発表後になるかもしれません。
Date: 2016.12.09 Category: 受験(2016~2017) Comments (5) Trackbacks (0)

2016年度 全統センター試験プレテスト 自己採点

問題の内容には触れませんので、まだ受けてない人が読んでも大丈夫です。

<自己採点>
倫理政経:74 (倫理:48/50 政経:28/50)
国語:189 (評論:50 小説:39 古文:50 漢文:50)
英語:192 (筆記:190 リスニング:50 総合:240/250)
数IA:78
数IIB:85
物理:72
化学:73
合計:763→約84.8%

<コメント>
1つ前の記事で掲げた目標点を達成できなかった科目が
倫理政経、数IA、物理、化学と結構ありますが、
重点的に対策した分野(英文法、倫理など)に関しては着実に成果が出て、
合計点では第3回全統マークから+45できたので、流れとしては悪くないです。

・倫理政経
政経は捨てざるを得ないタイプの問題がたいてい5問ほどあるので、36~38点を目標にします。
といっても本試は倫理の方が難しくて意外と政経の方がやりやすいことがありますので、
どうなるかわかりませんけどね。
今回の手応えから言うと経済より政治を重点的にやった方がいいかもしれません。

・国語
第3回以来センター形式はやってなかったので解くのは結構苦労しましたが、
なんとか得点は維持できていたので良かったです。
これで1ヶ月ぐらいではそれほど感覚が鈍らないことがわかりました。
さすがに本番前はもう少し調整しますけどね。

・英語
これも国語と同じでそれほど労力をかけずに維持できそうです。
リスニングは1問自信がないのがあったのですが、
これは純粋に音がはっきり聴き取れなかったのが原因でした。
前の記事で言っていた表現の理解に関しては、
文法問題集を解く過程で短文を次々と読んでいたのが良かったのかもしれません。
第3回マークを経て形式に慣れただけかもしれませんが。
音の聴き取り能力に関しては今から大して上がりも下がりもしないと思うので、
リスニングもあとは直前に1,2セットやるだけでよさそうです。

・数学
IAはなかなか凶悪なセットでしたが、それにしてもミスが多いです。
容易に修正できるものだけで7点分(ちょうど目標点分)ありましたから、
これを確実に取れるようにしなければなりません。
IIBも8点分はあります。目標は達成したとはいえ、
比較的穏やかなセットでしたから90点は確保したいところでした。
どうも余白がなくなるのを恐れて狭いところから計算を書き始める癖があるようで、
それでミスしやすいのかもしれません。
内容的にも時間的にも余白が足りなくなるほど書くことはありえないので、
勇気をもってスペースをたっぷり使うようにしましょう。

・物理
今回一番課題が浮き彫りになった科目です。
2次対策ではあまり触れなくて演習量が少なかったテーマが多く、
考え方を確認するのに時間がかかり
取れる問題に十分な時間を充てられない、というパターンです。
対策としては、Z会の模試問題集(緑本)を持っているので、これを1冊全部やります。
6セットで全テーマに一通り触れる構成になっています。
去年買ったものですが、新課程移行後なので問題ないでしょう。

・化学
他の科目ばかりやっていてろくに学習時間を取れてなかったので、今回は仕方ないです。
これから数研出版の重要問題集を全部やります。
センター形式は直前にセンターパックで3セットやります。
Date: 2016.11.28 Category: 受験(2016~2017) Comments (2) Trackbacks (0)

2016年度 第3回全統マーク 成績

<成績>
m31.jpg

m32.jpg

<コメント>
11月27日に全統センタープレを受けますので
そのときの各科目の目標点を書いておきます。

英語筆記:185
(リスニング:46)
数学IA:85
数学IIB:85
国語:185
物理:90
化学:80
倫理政経:80
合計:790(リスニング除く)→約87.8%

ついでに本番の目標点も書いておきましょう。

英語筆記:190
(リスニング:46)
数学IA:90
数学IIB:90
国語:180
物理:90
化学:90
倫理政経:80
合計:810(リスニング除く)→約90%

2016の京大理学部の合格者センター平均点が88.8%らしいので、
後期も考慮して本番では90%ほど取っておきたいところです。
以下、センター各科目の状況について書いておきます。

・英語
第3回マークでは久しぶりにセンター形式を解いたので点は悪かったのですが、
読解はすぐ慣らせることがわかったので
本番前に予想問題を2,3セットやれば大丈夫です。
2016追試ではアクセント1ミス文法4ミスだったので文法の穴を埋めていってます。
リスニングはどうも序盤で調子が出てなかった気がするので、
本番では直前に耳を慣らしておいた方がいいかもしれませんね。
荷物になるのであんまりミュージックプレイヤーを持っていきたくありませんが…
まあ対策してない割には音自体は聴き取れたので、
どちらかというと表現を理解する速度が問題かと思われます。
リスニングは意外と1問の価値が高く(200点満点で言うと1問8点)、
1問取れるかどうかで英語総合のパーセンテージが結構変わってきますので、
ケアレスミスを含めても46点は安定させたいですね。
それ以上は2016の難易度を考慮するとなかなか難しいでしょう。

・数学
本試追試を解いていってますが、スピード・時間感覚は問題なくなってきてます。
あとはいかに計算ミスを発見・修正するかが課題です。
IAの選択問題は、よほどのイレギュラーがない限りは整数・図形を解きます。

・国語
第3回マークは問題があまり難しくなかったようですが、
それとは関係なく去年より確実にセンター形式の
処理速度・精度が上がっているという実感があります。
2016本試+αぐらいの難易度なら180切ることはまずないと思います。
2013並のセットが来ても180切らないレベルまで仕上げていきたいです。

・物理
磁場と電場を間違えるなど他の科目より
ヒューマンエラーが起こる要素が多いですが、
それをなくすだけで90は安定します。
センター形式であと8セットぐらい演習してミスのパターンを炙り出します。

・化学
2次も含め一番対策が遅れていますが、
12月は化学に大部分の時間を割けますので
飛躍的に点を伸ばすことができると思います。
物理と違ってあまりセンター形式でやる必要はなさそうなので、
標準問題を大量に解いていきます。まあ重要問題集ですかね。

・倫理政経
この科目で90点以上を狙うのは戦略的ではないでしょう。
というか狙ったとしても近年の難易度だとかなり厳しいと思います。
まだ2016追試を解いてないのでなんとも言えませんが、
本番は80点は死守してあわよくば85点、という感じです。
とりあえず倫理の知識は総チェックできたので、
今後は政経の穴を埋めていきます。
Date: 2016.11.24 Category: 受験(2016~2017) Comments (0) Trackbacks (0)
カウンター
プロフィール

Author:kaz'
24歳フリーターです。
2017年に京都大学理学部を受験します。

このブログはリンクフリーで、
相互リンクも募集しています。

※コメントを書いてくださる方へ
返信が必要な場合は必ず名前を
入力してください。
名前がない場合は返信できません。

最新記事
コメント
カテゴリ
全ての記事を表示する
月別アーカイブ

ランキング
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR